• HOME

仕事が辛いときは全力で解決方法を考えました

私が仕事が辛いと悩んだきっかけは、同期と一緒に仕事をした時に、同期の方がばりばり仕事が出来るのに、私自身は全然追いついていないと感じた時です。

その同期は2つ上でしたが、お客様への対応ひとつにとってもお客様が求めてている内容を瞬時に察して、それにあった話しを提案をする提案力。

急遽無理な依頼をされても断り、可能な範囲の提案をする適応力。検討資料の作成、話のまとめ方などななど、全てにおいて、私より優れていました。

同じ会社の同じ部署に同期がいる方は、その劣等感の大小はあるにしろ、気にする部分はあるのではないですか?

別にその同期が私を馬鹿にしたこともないのですが、なんだか【そんな事も出来ないの?】【早くやれよ。】とその相手が言っているように聞こえてしまいました。

被害妄想僻があるのので、どんどん気持ちがダウンしていきました。その時の私が、行ったストレス解消法としては、ストレスの発散と技術の向上です。

私の1点目は簡単です。お風呂場で湯船の中に顔をつけて、大声で自分を以下の様に振るい立たせるのです。

【しっかりしろ〜〜〜〜!お前はお前だろう〜〜〜!ばかやろう〜〜〜〜!】

湯船に顔をつけているので、音漏れはある程度は大丈夫です(笑)

2点目は、1点目ですっきりした状態で、どうやったらその同期の様になれるか考えます。自分には何が足りないのか。それを理解すれば、その同期に追いつける!

そんな気持ちで自分の足りない部分を経験で補ったり、勉強で補ったりして、その暗い気持ちにさよならを告げました。

仕事で悩む人はどこにでもいます。自分で決めた会社が自分にあっていないのではないか?もっと良い会社があるのではないか?

その様に思ってしまうのであれば、まずは今の環境で自身の最大限の努力を1年してみましょう。それで合わなければ、リスキーですが、辞職すれば良いのです。

まずは、努力が大事です。悩みがあったら全力で解決方法を考えれば良いのです。他のみんなを巻き込みましょう。皆が支えてくれます。

1度きりの人生。後悔せずに歩いていこう!

関連記事

メニュー